普段使うヘアケア製品の目的を考える

普段行うヘアケアが最大のPoint

女性の薄毛の回復に必要な育毛の対策での最大Pointは、普段のヘアケアの目的です。感触やスタイリング・格好を優先しなければ回復しやすいです。

本当に育毛に役立つヘアケアを行っていると、伸びてくる部分から髪質までもが良くなってきます。ただ、回復するにしても髪質が良くなるのにしても、「貴女」が思っている以上に年月がかかるだけです。

安物買いの銭使いにならない為に

育毛の効果の出方は、安価なものと高価なものとでは大きく違います。

使ってみると安価なものほど求める効果が早く出るように感じますが、最初だけで長く続きません。高価なものは最初は少し物足りなく、かえって悪くなるのではないかと感じますが、長く続ければ続けるほど効果が出てきます。

山登りと同じような効果が出るのが高価なもの。

  1. 安価なもの:作用も刺激も強い=効果の出方が急=どちらに転ぶか分からない上に確実性は低い
  2. 高価なもの:作用や刺激が優しい=効果の出方は非常にゆっくり=確実性が高まる

女性の薄毛の原因が体の中に問題が隠れている場合もある

女性の薄毛は、男性と同じような育毛法を採ることでこじらせることが多いです。理由は、女性には女性特有の原因や体質・肌質があるからです。

すぐに何とかしたい気持ち(=これが女性が薄毛を治せない最大理由)は分かります。

が、長い年月の間に「使ってきたもの=ヘアケア製品やカラーやパーマ」や「やってきたこと=ダイエットやサプリメントに頼る」「貧血・低血圧」等々の末に現在の薄毛と言う症状が表に出てきているのを深く理解して下さい。

高くて早い効果は負担になるだけ

長い習慣や体質的なことの結果を表面的に急激に良くしようとする育毛法では、その作用や育毛の効果に体や頭皮がついていけない場合が多いのです。体質や心身に問題があることも多く、これらに対する方法も取り入れないと上手くいきません。

薄毛に抜け毛の増減は関係ない

薄毛の原因は1つや2つではなく、5つや6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行していきますから、「こうすれば生えて治る」と言うような単純な効果では改善できることはないのです。生えて治ることもなければ、抜け毛が減って治ることもありません。

抜け毛を減らしても、発毛しても毛は増えません。毛は抜けて生え代わりながら薄くもなり増えてもきます。発毛していないから薄いのではなく、発毛しているのに薄いのです。こちらの無料レポートを読んでみて下さい。

頭皮/心身の環境を回復する育毛法で治せる

頭皮を段階的に改善し、心身の健康を考慮していくことで女性の薄毛は治せます。

いきなり頂上を目指す育毛では、最初は良くても”貴方が求める育毛効果”に頭皮や体がついていけずに疲れ果ててしまい、1年2年3年・・・と育毛効果が持続しなのです。

何年もの間効果が持続しないと薄毛は治せないばかりか、急激な効果では結果的に毛の育たない頭皮になってしまい薄毛が治せなくなるのです。

»