女性の薄毛に一番影響をする原因は普段のヘアケアです

毎日のヘアケアは薄毛の原因になっている

貴女は、毎日行っているヘアケアは何の為に行っているでしょうか?この答えが薄毛の原因になっているのを表します。

  • 髪質を良くする為に?
  • 艶やかに魅せる為に?
  • セットし易くする為に?
  • 崩れなくする為に?
  • 清潔にしないと頭皮の匂いが気になるから?
  • 清潔にしないとフケが気になるから?
  • 等々

その目的が薄毛の原因になっている

これらかこれらに近いことを目的として行っているはずです。要は、髪を綺麗に魅せて、頭皮を清潔にして皮脂を取るケアをしているわけです。

何がいけないのでしょう?不思議に思いますよね。宣伝やCM・雑誌での特集や美容師さんがおっしゃることですから、薄毛の原因なんかになるわけない!と思っていらっしゃるでしょう。だから、薄毛を治せないのです。

毛は死んだ組織、皮脂は必要な分泌物

毛は死んだ組織の集まりです。死んでいるのですから外部からのケアに綺麗な状態に戻ることはありません。ところが、美容院や市販のヘアケア製品を使うと「使用前→使用後」のように見違えるように綺麗になり、セットもしやすくなります。

毛の表面を綺麗になったようにコーティング処理しているのです。キューティクルの穴を埋めて表面を艶やかになるように施しているのです。だから「使用前→使用後」のように変化するのです。

皮脂は、人間の体を外部からの侵入物や乾燥から守る為に分泌されています。これを取り去るとバリアが取れてしまうので、とても綺麗にはなりますが防御壁がなくなるので、毛をコーティング処理する為の成分や洗浄成分がいとも簡単に毛穴内部に入ってしまいます。その上頭皮表面を削り取るようなことをするので痛めますし、常在菌が繁殖しやすい環境をつくることになってしまいます。

こうして普段好んで行っているヘアケアで、薄毛の大きな原因を一つ作っているのです

«
»